読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エッグプリンス

卵のように弱く、王子のようにわがままな、人生の負け犬がなんか書く価値低めのブログ。禁読

フィニッシャーを作ったぞ

近代教育は「答えをいち早く見つける能力」を育ててる。そして、それによって褒められて来ている。

 

何が言いたいかというと、カードをデザインする時は答えを用意せよということ。

これによってプレイヤーは自身のキラキラした子供時代に一生懸命伸ばした能力をほどよく使えて気持ち良くなってくれる。

 

逆に、どれもフィニッシャーにならないようなデザインにするとどうだろうか?

どのカードでも勝てる。

どのカードを使っても勝てない。

プレイングや先行有利・比較的いいカードを引いたもの勝ちといった思考になるではないか?

 

例えばMTGで半分がバニラクリーチャー半分が基本土地である。これではマナカーブに沿って引けたもの勝ちの運ゲーである。それを覆すためのカード効果である。

 

他に、例えば手札を切ると攻撃が防げたとする。

ドローする以上に攻撃できなければ勝てない。結果ゲームは停滞し無駄に時間がかかる。経験を悪くする。

 

 

あまりまとまってないけど、ちょっとゲームを破壊する方がいいカードになるなと気づいた日でした。