読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エッグプリンス

卵のように弱く、王子のようにわがままな、人生の負け犬がなんか書く価値低めのブログ。禁読

時期外の生き物を出す理由

TCGではゲーム開始から終わりにかけて、だんだん強いカードが出てくるのが一般的な考え方である。

(遊戯王はその点について異質)

しかし、コストを踏み倒し序盤に大型が出たり、後半に大量に小型が出たりすることもある。これを「時期外の生物」と今は呼ぶことにする。

 

召喚システムと時期外の生物

召喚システムによって、時期外の扱いが変わる。

大まかに言えば、コスト制では有利な存在に

その他では事故の結果の存在に、それぞれなるように思う。

 

ウィクロスの時期外

コスト制ではないので事故の結果です。

ルリグというリーダーのレベルを超えて生き物が出られないので、踏み倒しはなく、召喚枠も3つなので大量展開もないです。なので事故です。

 

通常4ターン目ではレベルが4、4、3と並ぶことが理想ですが手札に4、4、4、2しかない場合、4、4、4と並べられないため2を出さざるを得ません。

しかし実際は必殺技ゲーみたいな所あるので、生き物はあまり重要ではないかもしれません。

 

MTGの時期外

ランプです。緑です。マナを生み出してやるやつです。もしくはXコストX体生成みたいなやつです。

コスト制なので踏み倒せれば有利に、展開できればコンボに(?)なります。

 

MTGは大型を出して停滞。小型を出して攻撃。って感じですので、かなり良いシステムですよね。自由に出せるならですが。

 

通常だと「毎ターン適切なサイズのクリーチャーを出そう!」みたいな感じです。そもそもルールが多いし型もいっぱいなのでよくわかりません。とりあえず思いついたことは全て出来ます。

 

ヴァイスシュヴァルツにおける時期外

今回の最難関問題だと思います。というのはWSはデッキ内にある特定カードの圧縮が目標みたいな所あるから生物を出す意味というのはかなり薄いんですね。

 

と、ここまで書いてて、気づきました。コスト制でないカードゲームであればあるほど、生き物を出す理由がなくなってゆくということに。遊戯王図書館エクゾを見てるとシステムと魔法罠です。

 

つまり全カードにコストがかかる=生き物以外を出すと殴れない=生き物が重要に!ということなんですね〜〜

 

 

強引なまとめ

飽きてきたのでまとめます。

毎ターンコストが全回復して、基本的にターン1で上限が上がるゲームでは、勝つために時期外の生き物を使い、それは攻撃と同時に追加効果を使えることを指します。

そうでないゲームでは、負けないために時期外の生き物を出します。それは相手の自由な攻撃を阻害するためであります。